アクティブラーニングと入試

Pocket

日本の大学入試が変わろうとしています。従来のセンター入試が2020年に廃止され、大学入学希望者学力評価テストへと変わることが計画されています。この流れの中で、アクティブラーニングの推進も加速化されました。アクティブラーニングで、学習者はどのような力をつけ、入試に対応することになるのでしょうか?今回の記事では、そのような点について見てきたいと思います。
入試3

入試改革

新しい入試制度では、大学と高校の連携が重視されています。高校と大学の教育を1本の道につなげ、包括的に教育を行うことを目指すものです。これにより、大学入試はどのように変わるのでしょうか? 一番大きな点は、これまで「何を学ぶか」が重点化されていたのに対して、これからは「どのような力をつけるか」が重視されるようになることです。この背景には、日本国家の少子高齢化問題、世界的な規模におけるグローバリゼーション、情報化社会の加速化などが挙げられます。これまでの教育では、「生き抜けない」という視点から、教育の柱である入試制度の改革が求められ、実行されることになりました。
入試4

アクティブラーニングと入試

私は入試制度が変革されようがされまいが、アクティブラーニングを「良い形」で現場に取り入れることは良いことだと思っています。アクティブラーニングの原型ともいえる教育観はやまびこ学級大西忠治氏の実践などにも見られるように、古い時代から成果をあげてきました。その流れで、教育を「主体性・協同性・創造性」を土台とするアクティブラーニング型の教育に近づけることは意義があると感じています。大切なのは、学習者が試験の点数にこだわることなく、自分で何ができるか、そういうクオリアのようなものを実家させることだと思っています。自分だけにしかできない、自分のアイデンティティを大切にする学習者の存在は、国際競争力の観点からも、大事なポイントです。アクティブラーニングのような、他者と協力することを重んじ、実際に学習者が他者と協調して生きていくことは、人生という概念を考えても非常に有益なことではないでしょうか? どの教師も、自分の教え子に幸せになってほしいと望んでいると思います。その幸せにつなげるために、アクティブラーニングは機能するのです。アクティブラーニングを急進的に、一律的に推進することには疑問符を打ちますが、その理念自体は美しいものがあり、現実化すれば、豊かな人生を送る学習者が増えると考えられます。そうした教育の理想を考えるためには、アクティブラーニングを短銃肯定/単純否定するのではなく、「どのように活かすか」という視点から、日々の実践について考えることが賢明ではないでしょうか?