アクティブラーニングのためのツール-クリッカーの上手い活用方法-

Pocket

2分でわかるクリッカー

クリッカーは受講者からのレスポンスを瞬時に集計し、フィードバックすることが出来るツールです。双方向型授業を実施するための有効な手段として多くの教育現場で活用が広がっています。

一般的なクリッカーの利用方法は専用ソフトウェアで作成したスライドを投影しながら

専用端末で回答を集めます。一般的なクリッカーの課題を解決し、より使いやすいものとして早稲田大学が開発したツールがウェブ番クリッカー、通称「わせポチ」です。

「わせポチ」はウェブグランサー上で操作しますので専用ソフトのインストールや専用端末を準備する必要がありません。学生自身が所有するスマートフォンやタブレットで回答を集めることが出来、誰がどのように回答したかを記録することも出来ます。

「わせポチ」の利用方法はとても簡単です。

まずマイ早稲田のメニューから「わせポチ」を開き設問を設定します。

設問は予め作成することもできますし、口頭で出題することもできます。

次に学生に「わせポチ」で回答させるとその回答結果が即時に集計されて画面に表示されます。詳しい利用方法はITサービスナビを御覧ください。

「わせポチ」を利用することにより、授業中に簡単なアンケートや小テストを手軽に行ったり学生の理解度を確認しながら授業を進めることが、容易に行えるようになります。

また、「わせポチ」で自由技術のコメントを集めることもできますので、授業中に随時質問を受付、必要に応じて口頭でフィードバックすることも出来ます。

「わせポチ」は授業をよりインタラクティブにする大変有効なツールと言えるでしょう。

ぜひ積極的な活用をお願いします。